前へ
次へ

スキンケアに興味がなかったころ

学生の頃、私の周りのお友達は、非常にスキンケアを念入りにしていました。それと比べると私は、ほぼ何もしていない状態で、なんだか恥ずかしく思ったものです。洗顔料で顔を洗い、すっきりしたらそれでいいのではと思っていたので、化粧水やら、乳液やらどういったものをどのように使用すればいいかという知識は、皆無でした。みんなどんどんとケアの方法を覚えていっているのを見て、驚いたと同時に、追いつけないという不安感も感じてしまうほどでした。大人になってからは、さすがにスキンケアの重要性に気づくようになりました。特に夏場から秋にかけて、しっかりと保湿や、肌のケアをしておかないと、日焼けの跡が残ってしまったり、かさつきを感じるようにもなってきました。結局のところ、遅かれ早かれ、スキンケアをすることは定めのようなものだと思います。若いころには気にしていなくても、ある程度の年齢になると、自分の肌の衰えに驚愕することにもなります。若いころに何もしてこなかったという事で、将来の顔に悪影響があるかどうかは、わかりません。しかし、やはりやれるだけのことはやっておくべきだというのを次第に感じています。特に日焼けがシミになったりする事を知ってからは、それまで海やプールでガンガン肌を焼いて、お手入れをしていなかった自分をおこってやりたいと思うほどです。ピリピリした赤い肌もそのままにして、遊びまくっていた若かりし私に、一言二言文句を言ってもいいかなとも思うのです。スキンケアというのは、自分自身をしっかりとケアしてあげるという事です。だからより美しくなりたいという事ではなく、最低限のケアをするという事でもその言葉を利用していいのだと思います。変に負担に感じたり、重たく思ったりする必要はまるでないのです。自分の顔をよく見て丁寧に足りない所を補ってあげる事。そして無理をさせてしまった肌を優しくいたわってあげる事が大切なのだと、最近思うようになりました。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren1set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top